Now Loading

TOPIC

2017.01.13

待望の新作公演 舞台「ノラガミ-神と絆-」メインビジュアル&イントロダクション解禁! 夜ト役・鈴木拡樹、雪音役・植田圭輔から意気込みコメントも到着!

舞台「ノラガミ-神と絆-」メインビジュアル

この度、2017年2月に公演が決定している舞台「ノラガミ-神と絆-」のメインビジュアル&完全オリジナルストーリーのイントロダクションが解禁となり、夜ト役・鈴木拡樹、雪音役・植田圭輔から意気込みコメントも到着しました。

 舞台「ノラガミ-神と絆-」は『月刊少年マガジン』で大人気連載中のダーク・アクションファンタジー作品『ノラガミ』待望の舞台新作公演。2016年1月に上演され大好評を博した舞台「ノラガミ-神と願い-」に続く完全オリジナルストーリーで展開されます。主人公の夜ト役を演じるのは、前作に続き、舞台『最遊記歌劇伝』玄奘三蔵役、舞台『刀剣乱舞』三日月宗近役をはじめ、人気作の主演を多数務める鈴木拡樹、脇を固めるキャスト陣にも、舞台『弱虫ペダル』シリーズ真波山岳役などを演じる植田圭輔や和田琢磨など豪華キャストが集結。さらに、舞台「ノラガミ-神と絆-」の追加キャストとして中村龍介、川隅美慎、NAO-G、丸目聖人が決定しています。
 『ノラガミ』では、貧乏でマイナーな神様である主人公・夜ト(やと)、神の道具である神器(しんき)となった死霊の少年「雪音(ゆきね)」、魂の抜けやすい半妖体質となった少女・壱岐(いき)ひよりの3人に芽生える絆、そして神々との戦いが描かれますが、今回の舞台新作公演では、オリジナルキャラクターとして、「争いごとを願う人の思い」から生まれてた神“敢御(いさご)“が登場します。
 夜ト役・鈴木拡樹さんが『今回もオリジナルキャラクターを筆頭にまだ見ぬノラガミストーリーをお届けします。この作品が多くの方と「ご縁があらんことを」』と意気込む本作を、是非お見逃しなく。雪音役・植田圭輔さんからもコメントが到着し、『“夜トは雪音が支える!”、と思いながら前回の公演は頑張ったので、今回もお互いにとっての唯一無二の関係を目指して頑張ります!』とのこと。豪華キャスト陣が織りなす絆の物語を是非劇場でお楽しみください。前作より激しさを増すバトルアクションにも要注目です。

 舞台「ノラガミ-神と絆-」は、2017 年2月16 日(木)~26日(日)、全15公演にわたり渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoにて行われます。チケットは特典付きで、前方座席のプレミアムシート(9,800円/税込)と一般席(6,800円/税込)の2種類があり、現在好評発売中。チケットが無くなり次第、受付終了となりますので、お見逃しなく。さらに、『舞台「ノラガミ-神と絆-」ライブビューイング』(2月26日(日)17:00上映)のプレリクエスト2次抽選受付も開始しました。

 前作以上に息ぴったりな迫力の舞台を見せてくれること間違いなしの舞台「ノラガミ-神と絆-」に、是非ご注目ください。

◆キャストコメント全文
<夜ト役・鈴木拡樹さんコメント>
とても研究熱心なキャストが集まった座組だと思いました。なので稽古序盤からスムーズにシーン作りも進行して、初演ながら原作を膨らませる挑戦が出来ていました。
舞台作品としてのノラガミの世界観を今作も膨らませていく作業が大事だと思います。
今回もオリジナルキャラクターを筆頭にまだ見ぬノラガミストーリーをお届けします。
この作品が多くの方と「ご縁があらんことを」 劇場で一同お待ちしています。
<雪音役・植田圭輔さんコメント>
一番印象に残っているのは、何と言っても夜ト役・鈴木拡樹くんの全身全霊を傾けた姿ですね。
ずっとテンションの高い演技でカンパニーを引っ張っていて。一番近くで見ていたので、より印象に残っています。
“夜トは雪音が支える!”、と思いながら前回の公演は頑張ったので、今回もお互いにとっての唯一無二の関係を目指して頑張ります!

◆作品イントロダクション
人の願いから生まれ、そして忘れられると消えてしまう存在「神」。
その中に、無名にもかかわらず不思議と在り続ける神がいる。
その神の名は、夜ト。
唯一無二の神器、雪音とともに福の神を目指すべく日々妖退治に追われていた。
そして、夜トが出逢う敢御(いさご)という存在。
彼は、「争いごとを願う人の思い」から生まれてきた神だった。
争いは、異なる理想同士が生み出すもの。
人の歴史は争いの結果そのもの。新しい時代は常に争いの先にある。
相容れない思いと、それを貫く異なる理想。
神と神器が紡ぎ合う、儚くもまっすぐな絆の物語。

【公式HP】http://noragami-stage.net/ 
【公式Twitter】@noragami_stage
【クレジット】©あだちとか・講談社/舞台「ノラガミ」製作委員会2017